地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、京都市左京区・北区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

京都市左京区・北区の地域情報サイト「まいぷれ」

介護保険制度の概要

介護保険制度の概要

ページ番号133872

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年8月31日

介護保険制度では,高齢者の介護費用を,国・地方自治体と国民がそれぞれ負担します。原則として40歳以上の方は,すべて加入を義務付けられています。

京都市の介護保険は,高齢者の介護費用を国・京都府・京都市による公費(税金など)と,40歳以上の皆様に納めていただく保険料を財源として京都市(保険者)が運営しています。

届出

介護保険に加入するための手続は通常は必要ありませんが,次のようなときは,届出が必要です。

 

1 市外へ転出しようとするとき

 京都市で要介護認定等を受けていた場合は,区役所で発行する受給資格証明書を添えて,転入後14日以内に転入先の市町村に申請すると,京都市での要介護認定の効力が引き継がれます。

2 市外から転入したとき

 以前にお住まいだった市町村で要介護認定等を受けていた場合は,受給資格証明書を提出してください。

3 市内で住所が変わったとき

 お住まいの区を変わられたときは,新しい住所の区の区役所・支所・京北出張所に届け出てください。

4 市外の次の施設に入所するために住所が変わったときや,既に入所していて住所が変わったとき(入所者は,引き続き京都市介護保険の被保険者です。)

  • 介護保険施設(介護老人福祉施設,介護老人保健施設,介護療養型医療施設)
  • 有料老人ホーム
  • 軽費老人ホーム  
  • 養護老人ホーム
  • 以下の(1),(2)を除くサービス付き高齢者向け住宅

   (1)地域密着型特定施設入居者生活介護の指定を受けている施設

   (2)介護専用型特定施設に該当し,入居定員が29人以下である施設

5 第2号被保険者(40歳以上65歳未満で公的医療保険の被保険者や被扶養者)で公的医療保険の資格を失ったとき

6 次の施設への入所・退所を行ったとき(入所者は,介護保険の被保険者とならず,障害者施策などの適用を受けます。)

  • 医療型障害児入所施設
  • 厚生労働大臣が指定する医療機関
  • 国立重度知的障害者総合施設のぞみの園が設置する施設
  • 国立及び国立以外のハンセン病療養所
  • 救護施設
  • 被災労働者の介護の援護を図るために必要な事業に係る施設
  • 障害者支援施設(生活介護を行うものに限る。)
  • 指定障害者支援施設(生活介護と施設入所支援の支給決定を受けているものに限る。)
  • 障害者支援施設(生活介護を行うものに限る。)
  • 指定障害福祉サービス事業者で療養介護を行う病院(療養介護を行うものに限る。)

7 死亡したとき

8 氏名が変わったとき

※ 現在お持ちの被保険者証等は,届出時にお持ちください。
※ 区役所の市民窓口課で住所変更などの手続をされた後に,健康長寿推進課(2階24番窓口)で介護保険の手続きをしてください。

被保険者証

保険証は,京都市介護保険の被保険者であるという証明書ですので,大切に保管してください。

第1号被保険者(65歳以上の方)には,全員に交付します。

第2号被保険者(40歳以上65歳未満で公的医療保険の被保険者又は被扶養者の方)には,要介護認定の申請をした方や保険証の交付申請をした方に交付します。(加入している公的医療保険の保険証を提示してください。)

保険証は,要介護認定等を申請するとき,介護予防サービス計画・ 介護サービス計画を作成するとき,サービスを利用するときに必要です。

紛失したときは,窓口に来られる方の本人確認を行いますので,運転免許証,公的医療保険の被保険者証等をお持ちになって健康長寿推進課(2階24番窓口)に届け出てください。 ただし,本人又は同居の家族の方以外の方が窓口に来られる場合は,本人からの委任状も必要です。

破損・汚損したときは,保険証をお持ちになって届け出てください。ただし,本人のものと判別できないほどの破損・汚損である場合,紛失と同様の手続が必要です。

サービスを利用できる人

介護保険のサービスを利用できる方は次のとおりです。

1 第1号被保険者(65歳以上の方)

  • 寝たきり・認知症などで入浴,排せつ,食事などの日常生活動作について常に介護が必要な方
  • 家事などの日常生活行為に支援が必要な方

2 第2号被保険者(40歳以上65歳未満の公的医療保険に加入している方)

  • 初老期の認知症・脳血管疾患など老化に伴う病気(特定疾病)が原因で介護,支援が必要な方

 

※ 第2号被保険者がサービスを利用するには,次の16種類の病気(特定疾病)に該当することが必要です。

  • がん末期
  • 関節リウマチ
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 後縦靭帯骨化症
  • 骨折を伴う骨粗鬆症
  • 初老期における認知症
  • パーキンソン病関連疾患
  • 脊髄小脳変性症
  • 脊柱管狭窄症
  • 早老症
  • 多系統萎縮症
  • 糖尿病性神経障害,糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  • 脳血管疾患
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

※ サービス利用は健康長寿推進課(2階25番窓口)までご相談ください。