地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、京都市左京区・北区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

京都市左京区・北区の地域情報サイト「まいぷれ」

敬老乗車証

敬老乗車証

ページ番号133860

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年8月31日

敬老乗車証は,長年にわたり社会に貢献してこられた高齢者の皆様に敬老の意を表するとともに,様々な社会活動に参加し,生きがいづくりや介護予防に役立てていただくために交付しています。

対象者

市内在住の70歳以上の方

※ 福祉乗車証,重度障害者タクシー利用券及び敬老乗車証は,重複して交付を受けられません。1つをお選びください。

負担金

  • 生活保護を受けている方,老齢福祉年金受給者で世帯全員が市民税非課税の方

   ……0円

  • 本人が市民税非課税の方(減免されている方を除きます。)

   ……3,000円

  • 本人が市民税課税で,合計所得金額(収入から必要経費・給与所得控除・公的年金等控除を差し引いた額)が200万円未満の方

   ……5,000円

  • 本人が市民税課税で,合計所得金額(収入から必要経費・給与所得控除・公的年金等控除を差し引いた額)が200万円以上700万円未満の方

   ……10,000円

  • 本人が市民税課税で,合計所得金額(収入から必要経費・給与所得控除・公的年金等控除を差し引いた額)が700万円以上の方

   ……15,000円

新たに70歳になる方の申請

満70歳の誕生月の前月にお知らせをお送り(20日頃発送)しますので,同封の返信用封筒で申請してください。

申請された方には,御負担いただく金額を記載した用紙(納入通知書)をお送りします。また,無料となる方には引換券を送付します。それらにより,京都市内の郵便局で敬老乗車証を受け取ってください。負担金は,その際,郵便局でお支払いください。銀行などの金融機関や京都市外の郵便局ではお取り扱いできませんので,御注意ください。

※誕生月の1日からお使いいただけます。

※新規申込が1月から3月の方は,すぐに使い始める(負担金は1年分)か,4月から使い始める(負担金は半年分)かを選んで申請していただきます。

※新規申込が7月から9月の方には,すぐに使い始める(負担金は1.5年分)か,10月から使い始める(負担金は1年分)かを選んで申請していただきます。

※代理人が手続にお越しになる場合には,委任状と代理人の本人確認書類をお持ちください。

既に70歳になっている方で敬老乗車証をお持ちでない方の申請

70歳以上で敬老乗車証をお持ちでない方のうち,新たに交付を希望される方は,健康長寿推進課へ公的な証書(健康保険証など)を持ってお越しいただくか,電話で御相談ください。

申請書を提出いただいた後,御負担いただく金額を記載した用紙(納入通知書)をお渡しします。また,無料となる方には引換券をお渡しします。それらにより,京都市内の郵便局で敬老乗車証の交付を受けてください。負担金は交付を受ける際,郵便局でお支払いください。銀行などの金融機関や京都市外の郵便局ではお取り扱いできませんので,御注意ください。

毎年10月からの敬老乗車証の交付を希望される場合は,9月中旬から下旬頃に手続をしてください。
※9月初旬に手続をした場合は,その場で納入通知書をお渡しできず,9月中旬から下旬に発行します。

※代理人が手続にお越しになる場合には,委任状と代理人の本人確認書類をお持ちください。

既に敬老乗車証をお持ちの方の更新

また,毎年9月末が有効期限ですので,それまでに一斉更新をします。

※代理人が手続にお越しになる場合には,委任状と代理人の本人確認書類をお持ちください。

窓口

健康長寿推進課(2階23番窓口)