地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、京都市左京区・北区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

京都市左京区・北区の地域情報サイト「まいぷれ」

リノベーションプロジェクト特集

リバーサイドカフェ

日替わり店長さんのタイムシェアカフェ 2016.1.27オープン 【左京区・高野】

今年1月左京区・高野にオープン、築約40年のレトロアパートのファミリー向けの一部屋を飲食店仕様に大きくリノベーションした「リバーサイドカフェ」にやってきました!

リバーサイドカフェは、通常のお店とは全く異なるタイムシェアカフェという新しい形態で運営されており、毎曜日・毎時間・朝昼夜と、それぞれに個性的な店長さんがいて(!)食べられる料理、お店のスタイルも多彩で、さまざまなシーンに合うカフェなんです!

そもそも「タイムシェアカフェ」とは??

1日が朝(7:00~11:00頃)昼(11:00~17:00頃)夜(18:00~23:00頃)と3つの時間帯にコマ割りされており、1週間の中で合計21コマのそれぞれの時間帯やキッチンを店長さん同士でシェアして運営するという、従来の飲食店の形態と比べてかなり斬新なスタイル。
同じカフェにいつも新鮮な気持ちで行けるって面白いです!

まずは1週間のお店をざっとご紹介!


月曜日の朝から日曜日の夜まで、本当にさまざまなお店があります。野菜ケーキのお店やイタリアンバル・・・どこに行こうか迷ってしまいます!
リバーサイドカフェはオープンされてからまだ半年とちょっとですが、常連さん(リバーサイダーと呼ばれるそう)の中には全店舗制覇した方もいるそう!!

リバーサイドカフェ管理人 持木百合香さんに聞く『リバーサイドカフェ』の魅力とは


リバーサイドカフェには、現在21歳から60歳までの店長さんがいます。
現在別のお店で飲食業に携わる方、他に全く違う仕事をしている方、現役大学生の方もいらっしゃいます。
中には、いずれ独立してお店を始めたいけれど、まだ準備中の店長さんもいらして、そういった方がお店を営業するとき、最初の一歩をリバーサイドカフェが後押ししたり腕試しができるチャレンジの場を提供したいと思っています。
また、将来的にはこの場所で衣食住※全部が揃う、そんな場になったら良いなという願望もあります。
何かしら実験的な要素のある場所に育てていきたいという想いで、オープンしたカフェです。(持木百合香さん)

リバーサイドカフェ内に服や雑貨のリユースブース『bridgeブリッジ』も併設されており、格安でお気にいりの1点を見つけることのできる素敵な場所です。
また、リバーサイドカフェが入っているリバーサイドハイツには、住人として住むこともできます!
いずれは、リバーサイドカフェの店長さんの誰かがリバーサイドハイツに住んで、bridgeブリッジで服を調達し、食を提供する、という循環ができたら良いなあというのが持木さんの理想だそうです。

リバーサイドカフェさんからのお知らせ


独立して下京区に実店舗(Cafeポルボロン)を構える店長さん、リバーサイドカフェを卒業する店長さんがいらっしゃるため、2016年7月、8月はリバーサイドカフェの中に、続々と新しいお店がうまれます!

これから、どんな人と人がこの場所で新たに出会い、どんな広がりを見せるのか、今後の展開がとても楽しみです!
店名 リバーサイドカフェ
住 所 京都府京都市左京区高野蓼原町25
アクセス 京阪出町柳駅より徒歩約7分
営業時間・定休日 7:00~23:00 年末年始 
各店舗の営業時間はFacebookページにてお確かめ下さい。
連絡先 riversidecafe@a-con.jp

リバーサイドカフェ Facebook

まいぷれ編集部おすすめ!近くにはこんなお店も♪

  • リバーサイドカフェ

    リバーサイドカフェ

    日替わり店長さんのタイムシェアカフェ 2016.1.27オープン 【左京区・高野】